HOME  EEM-FDM  EEM-MOM  EEM-RTM  EEM-STF 


EEM-STF

1. 概要

EEM-STFは、差分法により静電界を解析するソフトウェアです。

2. 解析手法

電圧に関するポアソン方程式を差分法を用いて解きます。
連立一次方程式を解くと電圧分布が得られ、これを空間微分すると電界分布が得られます。

3. 解析機能

  1. 解析空間は3次元のXYZ座標系です。
  2. 解析空間のメッシュ分割は各方向に均一または不均一とします。
  3. 解析空間内に任意個数の誘電体、電極、点電荷を配置することができます。
  4. 誘電体と電極の形状は、直方体、長方形、線分、球、円柱、四角柱の集合とします。
  5. 誘電体には比誘電率を指定します。
  6. 電極には電圧を指定します。
  7. 点電荷には電荷量を指定します。
  8. 連立一次方程式の解法には共役勾配法(MICCG)またはSOR法を用います。
  9. 電極の電荷量と系全体の静電エネルギーが計算されます。
  10. 電界を磁界、誘電率を透磁率とみなすことによって、静磁場の解析に使用することができます。
  11. 2次元モデルを計算することができます。
  12. 複数のコア/CPUで並列計算することができます。
  13. NVIDIA社のビデオカード(GPU)を持ったPCで高速計算することができます。 (詳しくは こちら)

4. 図形出力機能


線上分布図

面上分布図

面上分布図(3D)

5. 計算例

  1. 平行平板キャパシタ
  2. 一様電界中の導体球
  3. 一様電界中の誘電体球
  4. 球殻の磁気シールド
  5. 磁気シールドルーム
  6. 避雷針
  7. 2次元モデルの計算
  8. 点電荷
  9. MICCG法の加速係数について
  10. 高周波伝送線路のTEMモード
  11. チップキャパシタのキャパシタンス
  12. 誘電体突起周辺の電界分布
  13. 2個の球電極間の電界
  14. 電極形状と電界分布の関係

6. ドキュメント

7. データ作成ライブラリ

EEM-STFのデータをプログラミングで作成するツールです。 詳しくは こちら

8. バッチ処理プログラム

複数のデータをバッチ処理するツールです。 詳しくは こちら

9. 2次元静電界計算プログラム (関連ソフト:フリーソフト)

・マウスで形状を入力し2次元モデルの静電界を計算するプログラムです。
ここをクリックすると起動します。 Javaアプレットですのでインストールは不要です。 ただし、Javaのランタイムが必要です。
・操作法はアプレット画面の下を読んで下さい。