HOME  EEM-FDM  EEM-MOM  EEM-RTM  EEM-STF 


EEM-MOM

1. 概要

EEM-MOMは、3次元の任意形状の導体と任意に配置された電磁波源のもとでの 電磁界分布を数値計算するソフトウェアです。

2. 用途

  1. 各種線状/面状アンテナの解析評価
  2. 電磁波源の存在する室内外での電界分布の解析(無線LAN)
  3. 電器機器の放射する電磁波の解析評価(EMC対策)
  4. 電磁波応用機器の特性の解析評価

3. 解析手法

解析対象を導線の格子に分割し(ワイヤグリッドモデル)、 モーメント法(積分方程式法=境界要素法)により導線上の電流分布を計算します。 この電流分布から放射(散乱)電磁界を計算します。

4. 解析機能

  1. 解析対象は3次元です。
  2. 任意形状の線状または面状の導体が解析できます。 ただし、完全導体とみなします。誘電体の解析機能はありません。
  3. 形状の入力座標は、XYZ座標、円筒座標、極座標が指定できます。 これらの組み合わせも可能です。
  4. アンテナの給電点は複数設定でき、各給電点の電圧・位相は独立に設定できます。
  5. 散乱問題の波源は遠方からの平面波です。
  6. 完全導体の無限大グランド板が設定できます。
  7. 導体上の任意の位置に集中定数(RLC)が設定できます。
  8. 複数の周波数を連続して計算することができます。
  9. 各種の周波数特性(入力インピーダンス、Sパラメータ、反射損失、結合度、利得)を計算することができます。
  10. 解析できる対象の大きさは、線状素子の場合、全長が数100λ以内、 面状素子の場合、1辺が数λ以内です。
  11. 必要メモリーは要素数の2乗に比例します。要素数=5000で100MBです。
  12. 複数のコア/CPUで並列計算することができます。
  13. NVIDIA社のビデオカード(GPU)を持ったPCで高速計算することができます。 (詳しくは こちら)

5. 図形出力機能


メッシュ分割

電流分布

電流分布

近傍界(線上分布)

近傍界(面上分布)

遠方界パターン

遠方界パターン(全方向)

スミスチャート

反射損失

近傍界動画

6. サンプルデータ

7. 資料

  1. 線状アンテナの導線半径について
  2. 面状ユニットの導線半径について
  3. 有限グランド板の影響
  4. スプリアス解について
  5. 物体の極近傍の電界分布
  6. アンテナの相互インピーダンスの計算法

8. 計算例

  1. 折り曲げアンテナ
  2. T字アンテナ
  3. 折り返しダイポールアンテナ
  4. ループアンテナ
  5. 逆Fアンテナ
  6. 自動車近傍の電界分布
  7. 2つの平行な半波長ダイポールアンテナの 相互インピーダンスとアンテナ間隔の関係(バッチ処理)
  8. マイクロストリップ線路、スタブ
  9. ヘリカルアンテナ、円偏波化
  10. 分岐付ループアンテナ(円偏波)
  11. 無指向性アンテナ(ループアンテナ型)
  12. メアンダ形ダイポールアンテナ
  13. ループアンテナアレー
  14. 対数周期ダイポールアレー
  15. ヘンテナ
  16. バイコニカルアンテナ
  17. パラボラアンテナ
  18. アンテナ結合度とフリースの伝達公式
  19. メタマテリアル、IC-SI型
  20. FDTD法とモーメント法の比較

9. ドキュメント

10. データ作成ライブラリ

EEM-MOMのデータをプログラミングで作成するツールです。 詳しくは こちら

11. バッチ処理プログラム

複数のデータをバッチ処理するツールです。 詳しくは こちら

12. 最適化ツール (オプション製品)

EEM-MOMを用いて最適化を行うツールです。 詳しくは こちら

13. リアルタイムシミュレータ (関連ソフト:フリーソフト)

・マウスで形状を変更するとその特性がリアルタイムで表示されるツールです。
ここをクリックすると起動します。 Javaアプレットですのでインストールは不要です。 ただし、Javaのランタイムが必要です。
・平面内の線状ユニットのみが扱えます。
・操作法はアプレット画面の下を読んで下さい。