5. 2次元関数一覧

1 関数名startPage
機能ページを開始する
宣言void startPage(double w, double h);
引数 w : ページの幅
h : ページの高さ
備考 w:h=3:2が標準です。
左下隅が原点です。
2 関数名startPageFile
機能ページを開始する、出力ファイルをev.ev2以外に指定する
宣言void startPageFile(double w, double h, const char *fn);
引数 w : ページの幅
h : ページの高さ
fn : 出力ファイル
備考 startPage参考
3 関数名setColor
機能色を指定する
宣言void setColor(unsigned char r, unsigned char g, unsigned char b);
引数 r : R因子(0-255)
g : G因子(0-255)
b : B因子(0-255)
備考 既定値は黒(r=g=b=0)です。
再度変更されるまで線分、文字、塗りつぶしの色に適用されます。
ページをかえると黒に初期化されます。
4 関数名drawLine
機能線を描く
宣言void drawLine(double x1, double y1, double x2, double y2);
引数 x1 : 始点のX座標
y1 : 始点のY座標
x2 : 終点のX座標
y2 : 終点のY座標
5 関数名fillPolygon
機能多角形を塗りつぶす
宣言void fillPolygon(int n, const double *x, const double *y);
引数 n : 頂点の数(=3,4)
x : 頂点のX座標(配列の大きさはn)
y : 頂点のY座標(配列の大きさはn)
6 関数名fillRectangle
機能長方形を塗りつぶす
宣言void fillRectangle(double x1, double y1, double x2, double y2);
引数 x1 : 左下のX座標
y1 : 左下のY座標
x2 : 右上のX座標
y2 : 右上のY座標
7 関数名drawString
機能文字列を描く
宣言void drawString(double x, double y, double h, const char *str);
引数 x : 最初の文字の左下のX座標
y : 最初の文字の左下のY座標
h : 文字の高さ
str : 文字列(日本語も可)
備考 フォントは等ピッチフォントで最も大きさの近いものが使用されます。
8 関数名gradPolygon
機能多角形を頂点色で塗りつぶす
宣言void gradPolygon(int n, const double *x, const double *y, const unsigned char *r, const unsigned char *g, const unsigned char *b);
引数 n : 頂点の数(=3,4)
x : 頂点のX座標(配列の大きさはn)
y : 頂点のY座標(配列の大きさはn)
r : 頂点のR因子(0-255,配列の大きさはn)
g : 頂点のG因子(0-255,配列の大きさはn)
b : 頂点のB因子(0-255,配列の大きさはn)
備考 多角形の内部は頂点色で補間されます。
9 関数名drawEllipse
機能楕円を描く
宣言void drawEllipse(double x1, double y1, double x2, double y2);
引数 x1 : 左下のX座標
y1 : 左下のY座標
x2 : 右上のX座標
y2 : 右上のY座標
備考 楕円に外接する長方形の座標を指定します。
10 関数名fillEllipse
機能楕円を塗りつぶす
宣言void fillEllipse(double x1, double y1, double x2, double y2);
引数 x1 : 左下のX座標
y1 : 左下のY座標
x2 : 右上のX座標
y2 : 右上のY座標
備考 楕円に外接する長方形の座標を指定します。
11 関数名setColorNo
機能色番号で色を指定する
宣言void setColorNo(int n);
引数 n : 色番号(0:黒,1-20:青-緑-赤,100-120:白-灰-黒)
備考 setColor参考
12 関数名drawRectangle
機能長方形を描く
宣言void drawRectangle(double x1, double y1, double x2, double y2);
引数 x1 : 左下のX座標
y1 : 左下のY座標
x2 : 右上のX座標
y2 : 右上のY座標
13 関数名drawPolyline
機能折れ線を描く
宣言void drawPolyline(int n, const double *x, const double *y);
引数 n : 頂点の数(2以上)
x : 頂点のX座標(配列の大きさはn)
y : 頂点のY座標(配列の大きさはn)
14 関数名drawPolygon
機能多角形を描く(最後の点と最初の点が結ばれる)
宣言void drawPolygon(int n, const double *x, const double *y);
引数 n : 頂点の数(2以上)
x : 頂点のX座標(配列の大きさはn)
y : 頂点のY座標(配列の大きさはn)
15 関数名evGrid
機能縦横の格子を描く
宣言void evGrid(double x1, double y1, double x2, double y2, int nx, int ny);
引数 x1 : 左下のX座標
y1 : 左下のY座標
x2 : 右上のX座標
y2 : 右上のY座標
nx : X方向の分割数
ny : Y方向の分割数
備考 外枠は黒、内部の線は灰色で描かれます。色が黒に初期化されます。
16 関数名evArrow
機能矢印を描く
宣言void evArrow(double x1, double y1, double x2, double y2);
引数 x1 : 始点のX座標
y1 : 始点のY座標
x2 : 終点のX座標
y2 : 終点のY座標
17 関数名evColors
機能色見本図を描く
宣言void evColors(double x1, double y1, double x2, double y2, int vh, int gray);
引数 x1 : 左下のX座標
y1 : 左下のY座標
x2 : 右上のX座標
y2 : 右上のY座標
vh : 0/1:横方向分割/縦方向分割
gray : 0/1:カラー/モノクロ
備考 色が黒に初期化されます。
18 関数名evFunc1
機能関数を描く(均一間隔)
宣言void evFunc1(int nx, const double *f, double fmin, double fmax, double x1, double y1, double x2, double y2);
引数 nx : X軸分割数
f : 関数値(配列の大きさはnx+1)
fmin : 関数の最小値
fmax : 関数の最大値
x1 : 左下のX座標
y1 : 左下のY座標
x2 : 右上のX座標
y2 : 右上のY座標
備考 f=fminがy=y1、f=fmaxがy=y2になります。
19 関数名evFunc2
機能関数を描く(不均一間隔)
宣言void evFunc2(int nx, const double *x, const double *f, double fmin, double fmax, double x1, double y1, double x2, double y2);
引数 nx : X軸分割数
x : X軸の点の配列(配列の大きさはnx+1)
f : 関数値(配列の大きさはnx+1)
fmin : 関数の最小値
fmax : 関数の最大値
x1 : 左下のX座標
y1 : 左下のY座標
x2 : 右上のX座標
y2 : 右上のY座標
備考 f=fminがy=y1、f=fmaxがy=y2になります。
xは実座標、x1,y1,x2,y2はウィンドウ上の座標です。
20 関数名evContour1
機能等高線図を描く(均一メッシュ)
宣言void evContour1(int nx, int ny, const double *z, double zmin, double zmax, int mode, double x1, double y1, double x2, double y2);
引数 nx : X軸分割数
ny : Y軸分割数
z : 関数値(大きさ(nx+1)*(ny+1)の一次元配列、Y方向が内側のループ)
zmin : 関数の最小値
zmax : 関数の最大値
mode : 描画方法(備考)
x1 : 左下のX座標
y1 : 左下のY座標
x2 : 右上のX座標
y2 : 右上のY座標
備考 modeの意味:
0:塗りつぶし等高線(カラー)、ファイルサイズが大きくなる
1:塗りつぶし等高線(モノクロ)、ファイルサイズが大きくなる
2:単位セルを一色で塗りつぶす(カラー)
3:単位セルを一色で塗りつぶす(モノクロ)
4:格子点の色で補間する(カラー)
5:格子点の色で補間する(モノクロ)
6:等高線のみ(カラー)
7:等高線のみ(モノクロ)
関数値に従い、カラーでは青->緑->赤となり、モノクロでは白->灰->黒となります。
色が黒に初期化されます。
21 関数名evContour2
機能等高線図を描く(不均一メッシュ)
宣言void evContour2(int nx, int ny, const double *x, const double *y, const double *z, double zmin, double zmax, int mode, double x1, double y1, double x2, double y2);
引数 nx : X軸分割数
ny : Y軸分割数
x : X軸格子点座標(配列の大きさはnx+1)
y : Y軸格子点座標(配列の大きさはny+1)
z : 関数値(大きさ(nx+1)*(ny+1)の一次元配列、Y方向が内側のループ)
zmin : 関数の最小値
zmax : 関数の最大値
mode : 描画方法(evContour1の備考)
x1 : 左下のX座標
y1 : 左下のY座標
x2 : 右上のX座標
y2 : 右上のY座標
備考 x,yは実座標、x1,y1,x2,y2はウィンドウ上の座標です。
色が黒に初期化されます。