3. ブラウザの操作方法

HTMLファイルを出力したときはブラウザでHTMLファイルを開いてください。

3.1 2次元版の操作方法

図3-1に2次元図形出力をブラウザで開いた図を示します。
ページを変えるには[|<][<][>][>|]をクリックしてください。
それぞれ、最初のページ、前のページ、次のページ、最後のページを表します。
[all]をクリックすると全ページが合成表示されます。
上の数字は現在のページと全ページ数です。


図3-1 2次元図形出力(HTML形式)

3.2 3次元版の操作方法

図3-2に3次元図形出力をブラウザで開いた図を示します。
ページを変えるには[|<][<][>][>|]をクリックしてください。
それぞれ、最初のページ、前のページ、次のページ、最後のページを表します。
上の数字は現在のページと全ページ数です。
マウスの左ボタンをドラッグすると上下左右に回転します。
shiftキーを押したままドラッグすると上下左右に平行移動します。
マウスのホイールを上下に動かすと拡大・縮小されます。
[0]をクリックすると平行移動と尺度が初期状態に戻されます。
[X],[Y],[Z]をクリックするとそれぞれ視点が+X,+Y,+Z方向になります。
左下にXYZ軸と線分の数が表示されます。
線分の数が10000のオーダーを超えると動作に遅れが出るようになります。


図3-2 3次元図形出力(HTML形式)

3.3 その他

(1)Firefoxでは右クリック+「名前を付けて画像を保存」を行うとpng形式の画像ファイルを出力することができます。
(2)Google Chromeでは右クリック+「名前を付けて画像を保存」を行うとpng形式の画像ファイルを出力することができます。 また、右クリック+「画像をコピー」を行うとクリップボードにコピーされます。
(3)描画領域の下にファイル作成日時が表示されます。
(4)複数の図形出力を比較するにはブラウザのタブ機能を使ってください。