2. 操作方法

2.1 コマンドライン

以下ではコマンドラインでの作業について説明します。
[Visual Studio コマンドプロンプト]を起動し、適当な作業フォルダに移動します。
1.2のフォルダと異なるときは相対パスを適当に設定して下さい。
以下、">"はコマンドプロンプトを表します。

2.2 ソースコード作成

5章と6章を参考にグラフィックスプログラムを作成します。
以下に最も簡単な2次元テストプログラムを示します。
#include "ev.h"
int main(void) {
	startPage(300, 200);
	drawLine(50, 50, 250, 150);
	return 0l
}
最初の#include行は関数のプロトタイプ宣言を含み必須です。

2.3 座標系

(1)2次元
2次元では各ページの大きさをstartPage関数で指定します。
図形表示プログラムのウィンドウの横縦比が既定値では3:2(600ピクセルx400ピクセル)ですので、 横縦比はこれに合わせた方が便利です。
大きさは任意でかまいません。ピクセル値を使う必要はありません。
その他の関数で用いる座標はこの大きさに合わせます。

(2)3次元
3次元では各ページの大きさの単位は任意です。
図形表示プログラムがデータに合わせて適当にスケーリングします。

一つのプログラムで2次元関数と3次元関数の両方を用いることも可能です。 両者は独立ですので、他方に影響を与えることはありません。

2.4 コンパイル・リンク

コンパイル・リンクは以下の通りです。
> cl myprog.c ev.lib
実行プログラムmyprog.exeができます。
添付のサンプルプログラムを用いるには"myprog.c"の部分を変えて下さい。
IDE(統合開発環境)でコンパイル・リンクを行うには、 ev.libファイルをプロジェクトに追加します。

2.5 実行

実行は以下の通りです。
> myprog
メッセージは特に出ません。
2次元関数を使用したときはev.ev2、3次元関数を使用したときはev.ev3が出力されます。
図形表示はこのファイルを用いて次のステップで行います。

2.6 図形表示

2次元図形表示を行うには、
> ev
3次元図形表示を行うには、
> evgl
とします。それぞれ、カレントフォルダのev.ev2, ev.ev3を図形表示します。
別のファイル名で保存したときは以下のように引数で指定します。
> ev mydata.ev2
> evgl mydata.ev3
図形表示プログラムの使い方は3章と4章を参考にして下さい。