2. 使用法

起動方法
1.でダウンロードしたプログラムをダブルクリックすると、以下のウィンドウが開きます。
ウィンドウサイズなどのユーザーが設定したものは終了時の状態が次回に引き継がれます。
もし、起動時に何らかのエラーが発生したときは、 ファイルcad2eem.iniを削除して再度プログラムを起動して下さい。

DXFファイル読み込み
[ファイル][開く(DXF)]メニューでDXFファイルを開きます。
複数のファイルを開くことが可能です。(Windowsのファイル操作と同じ方法)

使い方
使い方については[ヘルプ][使い方]を参考にして下さい。

統計
[ツール][統計]メニューでENTITYの内訳を確認することができます。 本ツールはすべてのENTITYを変換するわけではありません。 詳しくは以下で説明します。

レイヤー
各レイヤーをON/OFFにすると表示をON/OFFにすることができます。 OFFにされたレイヤーは保存時に変換されません。
レイヤーの色はDXFの標準色(1:赤,2:黄,3:緑,4:水,5:青,6:紫)のみをサポートしています。 その他は黒で表示されます。
レイヤー番号=0(レイヤー名"0")は既定レイヤーです。(DXFの仕様)
DXFファイル作成時にEEMでの計算に必要ないデータ(寸法線など)を使うときは別の レイヤーに入れて下さい。

オプション
[ツール][オプション]メニューをクリックするとオプションウィンドウが開きます。 使い方については[ヘルプ]を参考にして下さい。

倍率
DXFは仕様上座標の単位を持ちません。EEMの座標単位はmです。 従ってそのまま変換するとすべてm単位になります。
[倍率]を設定するとすべての座標値に指定した倍率がかけられます。 このときステータスバーの[倍率]で現在の倍率を確認することができます。 また、Z射影時にステータスバーにマウス位置の座標値が表示されます。

文字データ
DXFの"TEXT"と"MTEXT"を読み込んで表示します。文字は拡大・縮小はできますが回転はできません。 なお、文字はEEMには必要ありませんので保存時に変換されません。

AutoCADのバージョンについて
本ツールはAutoCADのバージョンR12J以降に対応しています。 ただし、DXFの一部の機能しかサポートしていません。

ファイル保存
DXFファイルを確認したのち、 [ファイル]メニューの[保存(EEM-FDM)]、[保存(EEM-MOM)]、[保存(EEM-RTM)]、[保存(EEM-STF)] によりEEM-FDM/MOM/RTM/STF形式でデータを保存して下さい。 拡張子は順に.fdm/.mom/.rtm/.stfを推奨します。
なお、後ほどEEMでデータを編集(追加、削除、変形)することも可能です。

線分データ保存
[ファイル][線分データ保存]メニューですべての線分の座標がテキストファイルに保存されます。
ファイルの第一行は線分の数であり、第2行以降は一行に線分の始点のXYZ座標、 終点のXYZ座標が並びます。
このファイルは線分データを何らかの用途に再利用するときに使用して下さい。