5. EEM-RTM

2.で保存したファイルをEEM-RTMで開くと以下のようになります。


[形状確認3D]をクリックすると以下のようになります。


レイヤー0,1,2...が順に材質2,3,4...になります。 物性値(誘電率等)には仮の値が代入されていますので、 [設定][物性値編集]メニューで適当に修正して下さい。
その他の計算条件を入力して下さい。
必要なら形状データを修正して下さい。

サポートされるDXFのENTITYは以下の通りです。
  1. 3DFACE: 地面に変換されます。
  2. POLYLINE: 多角柱に変換されます。厚さが建物の高さになります。
  3. LWPOLYLINE: 多角柱に変換されます。厚さが建物の高さになります。