5.11 散乱問題

■入力データ: data/sample/cube.oth

リスト5-11-1に散乱問題の基本的な入力データを示します。
PEC立方体に+X方向から平面波が入射するモデルです。
図5-11-1が形状出力図です。
図5-11-2に収束状況を示します。
図5-11-3が遠方界、図5-11-4,図5-11-5が近傍界です。


リスト5-11-1 散乱問題(cube.oth)
OpenTHFD 1 0
title = cube
xmesh = -0.15 30 0.15
ymesh = -0.15 30 0.15
zmesh = -0.15 30 0.15
material = 1 2.0 0.0 1.0 0.0
geometry = 1 1 -0.05 0.05 -0.05 0.05 -0.05 0.05
planewave = 90 0 1
frequency = 3e9 3e9 0
solver = 2000 100 1e-6
plotiter = 1 1
plotfar1d = Z 120
far1dstyle = 0
far1dcomponent = 1 0 0
far1ddb = 1
plotnear2d = E Z 0
near2ddb = 0
near2dobj = 1
near2dcontour = 0
near2dexclude = 0
window2d = 450 300 11
window3d = 300 300 60 30
end


図5-11-1 散乱問題計算モデル


図5-11-2 収束状況


図5-11-3 遠方界面上パターン図


図5-11-4 近傍界面上分布図


図5-11-5 近傍界面上分布図3D表示