5. OpenTHFDの計算例

5.1 ダイポールアンテナ

■入力データ: data/sample/dipole.oth

リスト5-1-1にダイポールアンテナの入力データを示します。
アンテナの向きはZ方向とします。給電点はYee格子の電界点となるために、 アンテナの中心で給電するために、Z方向の中間の領域の分割数を奇数にしています。
図5-1-2のように収束状況は変動しながら収束します。
図5-1-3のように入力アドミッタンスの実部の最大点=虚部の変曲点が共振周波数になります。
本ケースではセルサイズが十分小さくないので半波長から少しずれます。
図5-1-5のように遠方界は8の字パターンになります。


リスト5-1-1 ダイポールアンテナ(dipole.oth)
OpenTHFD 1 0
title = dipole antenna
xmesh = -0.075 30 0.075
ymesh = -0.075 30 0.075
zmesh = -0.075 10 -0.025 11 0.025 10 0.075
geometry = 1 1 0 0 0 0 -0.025 0.025
feed = Z 0 0 0 1 0 50
frequency = 2e9 3e9 10
solver = 1000 50 1e-4
plotiter = 1 1
plotfreq = 1 1 1 1 0 0
plotfar1d = X 72
far1dstyle = 0
far1dcomponent = 1 0 0
far1ddb = 1
plotfar2d = 18 36
far2dcomponent = 1 0 0 0 0 0 0
far2ddb = 1
plotnear2d = E X 0.03
near2ddb = 0
near2dobj = 1
near2dcontour = 0
window2d = 750 500 15
window3d = 500 500 60 30
end


図5-1-1 アンテナ形状


図5-1-2 収束状況(3GHz)


図5-1-3 入力アドミッタンス(2-3GHz)


図5-1-4 近傍界(3GHz)


図5-1-5 遠方界(3GHz)