4.12 磁気シールドルーム

磁気シールドルームを計算します。
リスト4-12-1に入力データを示します。
図4-12-1に形状出力図を示します。 上下方向に一様な電界1V/mを与え、部屋の広さは6mX4mX3mとし、 壁の比誘電率=1000、壁の厚さ=10cmとしています。
図4-12-2にZ方向の電界の線上分布図を示します。 室内の電界はほぼ一様で-25dB程度になることがわかります。
図4-12-3にY=0面の電界の面上分布図を示します。 室内全体の電界が小さくなっています。 なお、壁の比誘電率が高いために周囲の広い範囲の電界に影響を与えます。 図4-12-2で室外の電界が0dBでないこともそのためです。


リスト4-12-1 磁気シールドルーム(shield_room.ost)
OpenSTF 1 2
title = 磁気シールドルーム
xmesh = -5 400 5
ymesh = -4 320 4
zmesh = -2 280 5
volt = -2 
volt = 5 
epsr = 1000 高磁性体
epsr = 1 空気
geometry = 1 1 1 -5 5 -4 4 -2 -2 -電極
geometry = 1 2 1 -5 5 -4 4 5 5 +電極
geometry = 2 1 1 -3.1 3.1 -2.1 2.1 -0.1 3.1 高磁性体壁
geometry = 2 2 1 -2.999 2.999 -1.999 1.999 0.001 2.999 室内空気
solver = 1.99 2000 100 1e-5
plot1d = E Z 0 0
1ddb = 1
1dlog = 1
plot2d = E Y 0
2dfigure = 1 0
2ddb = 0
2dobject = 1 1
2dlog = 1
window2d = 750 500 15
window3d = 500 500 60 30
end


図4-12-1 形状出力図


図4-12-2 電界線上分布図


図4-12-3 電界面上分布図