3. OpenSTFの高速化

3.1 ベンチマーク問題

3.1.1 ベンチマーク問題

図3-1-1のベンチマーク問題を計算し、その計算時間を測定します。
誘電体のブロックの両側を電極ではさんだモデルで、セル数=600x600x600です。 以下これをbenchmark600と呼びます。
計算時間の主要部(SOR法の反復計算)は以下の式で評価されます。
 計算時間 ∝ Nx x Ny x Nz x 反復回数
ここで比例定数はハードウェアと高速化技術で決まる定数です。
なお、計算時間は全体の計算時間を示します。 すなわち計算の主要部以外に、並列化できない前処理と後処理を含みます。


図3-1-1 ベンチマーク問題(benchmark600)

3.1.2 テスト環境

計算時間はFOCUSスパコン[9]の以下のシステムで測定します。

  1. Fシステム
  2. Vシステム
  3. Wシステム
  4. Xシステム