4.7 パッチアンテナ

グラウンド板と放射板を同軸線路の内導体を接続したアンテナを、 ここではパッチアンテナと呼びます。
リスト4-7-1はパッチアンテナの入力データです。
図4-7-1はアンテナ形状です。
図4-7-2は反射損失です。
図4-7-3は共振周波数でのX面の遠方界です。 利得は正面(+Z方向)で最大9.0dBとなります。


リスト4-7-1 パッチアンテナ(patch.omm)

OpenMOM 1 3
title = patch antenna
geometry = 2 13 0.002 -0.02 0.02 -0.02 0.02 10 10
name = 放射板
geometry = 1 13 0 0.002 0.008 0 1
feed = 1 0
name = 同軸給電点
geometry = 2 13 0 -0.032 0.032 -0.032 0.032 16 16
name = グラウンド版
frequency = 2e9 4e9 40
ground = 0
z0 = 50
radiusall = 2 0.2
geom3dnode = 0.05 1 0
plotfrequency = 1 1 1 1
end



図4-7-1 アンテナ形状

図4-7-2 反射損失(2-4GHz、Z0=50Ω)

図4-7-3 遠方界(3.2GHz)