4.6 八木アンテナ

リスト4-6-1は八木アンテナの入力データです。
図4-6-1はアンテナ形状です。素子数は5です。
図4-6-2は入力インピーダンスです。
図4-6-3はある周波数のE面(=Z面)の放射パターンです。 最大利得=11.0dB、前後比=17dBとなっています。
図4-6-4は同じ周波数のZ=50mm面の電界分布です。+X方向に導波効果が見られます。


リスト7-6-1 八木アンテナ(yagi5e.omm)

OpenMOM 1 3
title = yagi antenna
geometry = 1 12 -0.027 0.027 0 -0.025 11
name = 反射器
geometry = 1 12 -0.025 0.025 0 0 11
feed = 1 0
name = 放射器
geometry = 1 12 -0.023 0.023 0 0.025 11
name = 導波器#1
geometry = 1 12 -0.022 0.022 0 0.05 11
name = 導波器#2
geometry = 1 12 -0.021 0.021 0 0.075 11
name = 導波器#3
frequency = 2e9 3e9 10
ground = 0
z0 = 50
radiusall = 2 0.2
geom3dnode = 0.05 1 0
plotfrequency = 1 1 1 1
plotfar1d = Z 72
far1dstyle = 0
far1dcomponent = 1 0 0
far1ddb = 1
plotnear2d = E Y 0 -0.05 0.1 -0.05 0.05 100 50
near2ddb = 1
near2dscale = 0 40 0
near2dobj = 1
end



図4-6-1 アンテナ形状

図4-6-2 入力インピーダンス(2-3GHz)

図4-6-3 E面放射パターン(2.7GHz)

図4-6-4 電界分布(2.7GHz, Z=50mm面)