4.2 2素子ダイポールアンテナ

リスト4-2-1は2素子ダイポールアンテナの入力データです。
両方の素子の中心に給電点を置いています。
図4-2-1はアンテナ形状です。
アンテナ間の距離が50mm(=λ/2)であるために、 図4-2-2のように+Y/-Y方向(φ=90,270度)で利得が最大になります。
参考までに2つの給電点の位相を逆相にすると遠方界は+X/-X方向で同相、 +Y/-Y方向で逆相になるために図4-2-3のようになります。


リスト4-2-1 2素子ダイポールアンテナ(dipole2e.omm)
OpenMOM 1 3
title = dipole antenna
geometry = 1 13 -0.025 0.025 0 0 25
feed = 1 0
radius = 0.0001
name = 素子1
geometry = 1 13 -0.025 0.025 0.05 0 25
feed = 1 0
radius = 0.0001
name = 素子2
frequency = 3.0e9 3.0e9 0
ground = 0
z0 = 50
radiusall = 2 0.2
geom3dnode = 0.05 1 0
plotfar1d = Z 72
far1dstyle = 0
far1dcomponent = 1 0 0
far1ddb = 1
plotfar2d = 18 36
far2dcomponent = 1 0 0 0 0 0 0
far2ddb = 1
end



図4-2-1 アンテナ形状

図4-2-2 遠方界(1)(Z面)

図4-2-3 遠方界(2)(Z面)