4.2 プログラム実行

4.2.1 プログラム実行法

OpenMOMの処理の流れは図4-2-1のように2通りあります。
左は計算とポスト処理を分けて行う方法であり、 右は計算とポスト処理を一括して行う方法です。
処理時間は計算>>ポスト処理ですので、 左の方法を使用するとポスト処理の条件を変えてポスト処理を繰り返し行うことができます。


図4-2-1 OpenMOMの処理の流れ

OpenMOMを実行するにはコマンドラインで下記のコマンドを実行して下さい。(注1)
ここで行頭の"> "はプロンプトであり入力する必要はありません。
また[]内はオプションであり省略可能です。
"入力データ"は次節で説明するテキストファイルであり必須です。
コマンドラインの操作方法はWindowsとLinuxで同じです。

> omm [-solver|-post] [-n <thread>] [-nosimd|-sse|-avx] [-zmatrix] [-geom] [-ev] 入力データ
例えば以下のようになります。
> omm -solver 入力データ   (計算を行いますがポスト処理を行いません。計算結果がomm.outに出力されます)
> omm -post 入力データ    (omm.outを読み込んでポスト処理を行います)
> omm 入力データ       (計算に続いてポスト処理を行います。omm.outは出力しません。1スレッド)
> omm -n 4 入力データ     (同上、4スレッド)
> omm -solver -n 4 -sse 入力データ   (SSEを使用し4スレッドで計算します)
> omm -solver -n 4 -avx 入力データ   (AVXを使用し4スレッドで計算します)
> omm -zmatrix 入力データ   (インピーダンス行列をzmatrix.logに出力します)(注2)
> omm -geom 入力データ    (物体形状geom3d.htmの出力のみを行い計算は行いません)
> omm -ev 入力データ   (ポスト処理の図形出力が独自フォーマットのファイルev.ev2とev.ev3になります。Windows専用)
> omm --help        (使い方の説明)

(注1)
最初に実行プログラムを実行する前に必ずセキュリティソフトでチェック(ウィルススキャン)してください。
最初に実行プログラムを実行する時にセキュリティソフトが警告を出したら許可して下さい。
(注2)
要素数が多いときはファイルサイズが大きくなりますので通常は使用しないでください。

4.2.2 標準出力

計算が行われるとリスト4-2-1のような標準出力が行われます。
それぞれの意味は下記の通りです。
入力データに間違いがあるときはメッセージを出して計算が終了します。


リスト4-2-1 標準出力
<<< OpenMOM Ver.1.8.0 >>>
No. of threads     = 8 (AVX)	スレッド数(使用したSIMD)
Fri Jul 24 10:04:10 2020	開始時刻
Title = dipole antenna		タイトル
No. of geometries  = 1		幾何形状の数
No. of elements    = 25		線状要素の数
No. of feeds       = 1		給電点の数
No. of loads       = 0		負荷の数
No. of open ends   = 2		孤立端点の数
Ground             = NO		グラウンド板の有無
Memory size [MB]   = 1		使用メモリー
No. of frequencies = 1		周波数の数
                (  1/1)		計算経過(現在の周波数番号/周波数の数)
=== input impedance (Z0=50.0[ohm]) ===	(給電線の特性インピーダンス)
  feed# = 1				給電点番号
    freq[Hz]   Rin[ohm]   Xin[ohm]    Gin[mS]    Bin[mS]    Ref[dB]     VSWR
   3.000e+09    107.124     66.003      6.766     -4.169     -5.811    3.100	入力インピーダンス他
=== output files ===
omm.log, geom3d.htm, omm.out	出力されたファイル名
=== normal end ===
Fri Jul 24 10:04:10 2020	終了時刻
=== cpu time [sec] ===		以下、計算時間の内訳
part-1 :      0.007		part-1,part-2以外のすべて(主に線状要素の作成とファイル入出力)
part-2 :      0.000		インピーダンス行列作成
part-3 :      0.000		連立一次方程式求解
---------------------
total  :      0.007		合計


4.2.3 図形出力

計算が終了すると以下の図形ファイルが出力されます。
ただし、geom3d.htmは計算の最初に出力されていますので、 計算の途中でも入力データを確認することができます。
それらの意味と見方は4.4を参考にして下さい。

  1. geom3d.htm : 入力データの物体形状の3D表示

ポスト処理が終了すると以下の図形ファイルが出力されます。
それらの意味と見方は4.4, 4.5を参考にして下さい。

  1. ev2d.htm : 2次元図形出力(電流分布、周波数特性、遠方界、近傍界)
  2. ev3d.htm : 3次元図形出力(電流分布、遠方界全方向、近傍界面上)

(注意)
実行プログラムに引数"-ev"をつけると上のファイルの代わりにev.ev2,ev.ev3が出力されます。 これらは独自フォーマットでありWindowsのビューワーev2d.exe,ev3d.exeが必要です。 WindowsのGUI用です。

4.2.4 数値出力

計算が終了すると以下の数値ファイルが出力されます。
それらの意味は4.6を参考にして下さい。

  1. omm.log : 標準出力と同じもの
  2. element.log : 線状要素の座標データ等
  3. current.log : 線状要素の電流分布
  4. zmatrix.log : インピーダンス行列 (引数"-zmatrix"を指定したとき)

ポスト処理が終了すると以下の数値ファイルが出力されます。
それらの意味は4.6を参考にして下さい。

  1. far0d.log : 指定した方向の遠方界の周波数特性
  2. far1d.log : 遠方界面上
  3. far2d.log : 遠方界全方向
  4. near1d.log : 近傍界線上
  5. near2d.log : 近傍界面上