6.5 逆Fアンテナ

リスト6-5-1に逆Fアンテナの入力データを示します。
図6-5-2に入力インピーダンスの周波数特性を示します。 1000MHzで入力インピーダンスが50Ωになるように、 放射板の大きさ、短絡線と給電線の位置を調整しています。
反射係数の周波数特性は図6-5-2です。
本ケースでは収束を速くするために内部抵抗rfeed=5Ωを設定しています。 内部抵抗がないときとの収束状況を比較したものが図6-5-3です。 内部抵抗によって収束が速くなっていることが確認できます。


リスト6-5-1 逆Fアンテナ(invertf.ofd)

OpenFDTD 2 1
title = inverted F antenna
xmesh = -4.000000e-002 40 4.000000e-002
ymesh = -5.000000e-002 50 5.000000e-002
zmesh = -1.600000e-001 100 4.000000e-002
geometry = 1 1 -0.004 0 -0.03 0.03 -0.12 0
name = 筐体
geometry = 1 1 0.004 0.004 -0.01 0.022 0 -0.046
name = 放射板
geometry = 1 1 0 0.004 0.002 0.002 0 0
name = 短絡線
geometry = 1 1 0 0.004 0.004 0.004 0 0
name = 給電線
feed = X 1.000000e-004 4.000000e-003 0.000000e+000 1 0 50
rfeed = 10
abc = 1 5 2 1e-5
frequency1 = 900e6 1100e6 100
frequency2 = 1000e6 1000e6 0
solver = 10000 200 1e-3
plotiter = 1
plotfreq = 1 1 1 1 0
plotfar1d = X 72
far1dstyle = 0
far1dcomponent = 1 0 0
far1ddb = 1
plotfar2d = 18 36
far2dcomponent = 1 0 0 0 0 0 0
far2ddb = 1
end

図6-5-1 アンテナ形状         図6-5-2 入力インピーダンス(900-1100MHz)

図6-5-3 反射損失(900-1100MHz)           図6-5-4 収束状況