6.2 2素子ダイポールアンテナ

リスト6-2-1に2素子ダイポールアンテナの入力データを示します。
位相差を与えるためには一方のアンテナに次式の時間遅れを設定します。
td = T * 位相差[度]/360  (T = 周期 = 1/f)
周波数3GHzで位相差180度を与えるには td = (1/3e9) * 180/360 = 1.666e-10[sec] となります。
2つのアンテナ間の距離が50mm(=λ/2)であるために、 図6-2-2のように-X/+X方向(φ=0,180度)で利得が最大になります。
参考までに時間遅れを2倍にすると-X/+X方向で逆相、 -Y/+Y方向で同相になるために遠方界は図6-2-3のようになります。


リスト6-2-1 2素子ダイポールアンテナ(dipole2.ofd)
OpenFDTD 2 1
title = two dipoles
xmesh = -1.000000e-001 40 1.000000e-001
ymesh = -5.000000e-002 20 5.000000e-002
zmesh = -7.500000e-002 10 -2.500000e-002 11 2.500000e-002 10 7.500000e-002
material = 2.0 0.0 1.0 0.0
geometry = 1 1 0.025 0.025 0 0 -0.025 0.025
geometry = 1 1 -0.025 -0.025 0 0 -0.025 0.025
feed = Z 2.500000e-002 0.000000e+000 0.000000e+000 1 0 50
feed = Z -2.500000e-002 0.000000e+000 0.000000e+000 1 1.666e-10 50
frequency1 = 2e9 3e9 10
frequency2 = 3e9 3e9 0
solver = 1000 100 1e-3
plotiter = 1
plotfreq = 1 1 1 1 0
plotfar1d = Z 72
far1dstyle = 0
far1dcomponent = 1 0 0
far1ddb = 1
plotfar2d = 18 36
far2dcomponent = 1 0 0 0 0 0 0
far2ddb = 1
end

図6-2-1 アンテナ形状         図6-2-2 遠方界(1)(Z面)

図6-2-3 遠方界(2)(Z面)