1.2 インストール

ファイルを ダウンロード して展開し、 フォルダ"OpenFDTD"を適当な場所(例えばマイドキュメントの下)にコピーしてください。
バージョンアップのときは同じ名前のファイルはすべて上書き保存してください。
ファイル構成は以下のようになります。

  1. ofd.exe : 実行プログラム (高速化なし)
  2. ofd_omp_simd.exe : 実行プログラム (OpenMP+SIMD対応)
  3. ofd_mpi.exe : 実行プログラム (MPI+OpenMP+SIMD対応)
  4. ofd_cuda.exe : 実行プログラム (CUDA対応)
  5. ofd_cuda_mpi.exe : 実行プログラム (CUDA+MPI対応)
  6. OpenFDTD.exe : GUIプログラム
  7. vcomp140.dll : OpenMP用ランタイムDLL
  8. mpiexec.exe : MPI対応のプログラムを起動するプログラム
  9. msmpi.dll : MPI対応プログラム用ランタイムDLL
  10. smpd.exe : MPI用通信プログラム
  11. include/ : ヘッダーファイルフォルダ
  12. basic/ : ソースコードフォルダ (高速化なし)
  13. omp_simd/ : ソースコートフォルダ (OpenMP+SIMD対応)
  14. mpi/ : ソースコートフォルダ (MPI+OpenMP+SIMD対応)
  15. cuda/ : ソースコートフォルダ (CUDA対応)
  16. cuda_mpi/ : ソースコートフォルダ (CUDA+MPI対応)
  17. data/ : 入力データ用フォルダ
  18.    /sample/ : サンプルデータ用フォルダ
  19.    /benchmark/ : ベンチマークデータ用フォルダ
  20. datalib/ : データ作成ライブラリ用ソースコードフォルダ

注意

  1. ダウンロードしたファイルを実行する前に必ずセキュリティソフトでチェック(ウィルススキャン)してください。
  2. 実行プログラムはWindows 64ビット版です。
  3. GUIプログラムを実行するには .NET Framework 4.6 以上が必要です。
  4. 実行プログラムをそのまま実行するときは開発環境は不要ですが、 ソースコードを修正する場合、またはLinux環境ではCコンパイラが必要になります。